Iraq_new0075_3.jpg
バスラ(南イラク)の街角で。フィルムの中に三十年を眠っていたイラクの子どもたち・・・。そして今日、もっとも困難な時代を生きることを余儀なくされた者たちだ。彼、彼女らの表情は、今どんなだろうか---- 1977年

2013年01月06日

イラクの子どもたちのこと(1/18@京都二条カフェパラン)のお知らせ

 イラク戦争関連イベントのお知らせです。


<以下、転送転載歓迎>


来年3月でイラク戦争から10年。

もうあまりニュースにも報道されなくなったイラク。
2003年世界中で反戦デモが起こったこの戦争はなんだったのか・・・
イラン・イラク戦争、湾岸戦争、イラク戦争・・・

戦争が続き、人々の日常が壊され、経済制裁でイラクでは薬も手に入らなくなる・・・

そんな中、「薬さえあれば救える命がある」と日本のNGO
日本イラク医療支援ネットワーク(JIM-NET)が立ち上がり、2004年から支援を始めました。
この10年、イラクと向き合ってきたJIM-NET 事務局長 佐藤真紀が
イラク医療支援の現状を、2012年11月イラク入国の最新情報と併せて報告します。


============================================================

イラクの子どもたちのこと 


―  佐藤真紀(JIM-NET事務局長) 関西スピーキング・ツアー ―


  ( 1/18@京都, 1/19@神戸, 1/20@大阪 )

============================================================


■■日程/会場■■

京都
 2013年 1月18日(金) 18:30〜20:30
 Caféパラン

 ※参加費 1ドリンク


神戸

 2013年 1月19日(土) 14:00〜17:00
 元町映画館2F

  ゲスト 志葉玲「ガザ最新報告」

 ※参加費 500円


大阪

 2013年 1月20日(日) 15:00〜17:00
 トルコcaféレストランSamimi

 ※参加費 500円 (アラブチャイ付き)


 
■■会場詳細■■

京都 − カフェ パラン
  京都市中京区西ノ京北聖町24電話1(プッシュホン)075-496-4843

  (千本御池上ル)(千本通り東側)
  JR・地下鉄「二条」徒歩2分

 

●神戸 −  元町映画館
  神戸市中央区元町通4-1-12電話1(プッシュホン)078-366-2636

  ・JR・阪神電車「元町」駅西口より、南西へ徒歩6分
  ・神戸高速鉄道「花隈」駅東口より南東へ徒歩6分
  ・神戸市営地下鉄海岸線「みなと元町」駅2出口より北へ1分
 

 
●大阪 −  トルコcaféレストランSamimi

  大阪府八尾市本町7-10-11オクムラビル1F
  電話1(プッシュホン)072-925-0369 http://samimi.jp

  近鉄八尾駅 西口下車。ペイントモールを西向きに
  まっすぐ。スポーツカフェを左折。ダイコクドラックはす向かい。
  正面にsamimiの青い看板が見えます。


  

★プロフィール 佐藤真紀 ★
JIM-NET事務局長。奈良県生れ 早大理工学部卒。(株)ブリヂストンで研究員として勤務。

青年海外協力隊でイエメンに赴任するも内戦勃発、その後シリア、パレスチナで活動、

国連ボランティアなどを経て、JVCパレスチナ事務所代表、2002年からイラクにかかわり、

イラク戦争では、緊急救援を指揮。2004年にイラク医療支援ネットワークを立ち上げ、現職。

  イラクと福島の子どもたちへ「チョコ募金」にご協力をよろしくお願い致します!

  500円うち、290円はイラクへ→小児がんの子どもたちの医療支援に
  50円は福島へ→子どもたちを放射能から守る活動に


 

主催:JIM-NETボランティアチーム☆NARA☆、

フレンズ オブ マーシー・ハンズ、イマジンイラク実行委員会

協賛:市民社会フォーラム

協力:カフェ パラン/元町映画館/トルコ カフェ レストランSamimi/

問合わせ:090-5977-3201(前野)

============================================================



burogumura.gif blogranking.gif e_02.gif
お気に召した方はクリック。励みになります。
.posted by staff at 17:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | ご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月21日

外務省:「対イラク武力行使に関する我が国の対応(検証結果)」プレスリリース

12月21日付で外務省がイラク戦争開戦の経緯を検証した報告書が出たとのことで、
報道と併せて、下記に内容とリンク先を掲載しておきます。
日本政府がイラク戦争から10年を経て出した結論は、歴史の名において厳粛に受け止める必要があるでしょう。
 

=========================================


対イラク武力行使に関する我が国の対応(検証結果)

 

平成24年12月21日

 
今般,外務省において,2003年のイラク戦争に関する我が国の対応について検証を行った。具体的には,2011年8月末に松本剛明外務大臣(当時)の指示を受け,外務省内で作業を開始し,2002年初めから2003年3月の米英等による対イラク武力行使に至るまでの外務省内における検討や意思決定過程を検証した。

この検証作業は,日本政府が米英等の武力行使を支持したことの是非自体について検証の対象とするものではなく
,結果的にイラクに大量破壊兵器が発見されなかった現実がある中で,改めてこの期間の政策決定過程を検証し,もって教訓を学び,今後の政策立案・実施に役立てるとの観点から行った ものである。なお,イラク戦争については,米国,英国,オランダ等いくつかの国において,既に検証が行われている。

作業方法としては,外務省内から,当時の公電,調書等の多数の関連書類を集め,これらの文書を基礎に,一連の事実関係,情報収集及び分析,政策判断過程,情報発信及び広報作業等を調査し,これらの妥当性等についての検討を行った。また,文書から得られる情報を補完し,より正確な事実関係を把握するため,当時の省内関係者へのインタビューを実施した。

これらの作業を経て,今般,玄葉光一郎外務大臣に報告が行われた。本件報告は,以上のように今後の政策立案・実施に役立てるとの観点からなされたものであり,今後の教訓等として報告で指摘された主なポイントは,別添のとおりである。ただし,報告の中には,関係国政府とのやり取り等,そのまま公開した場合には各国との信頼関係を損なうおそれの高い情報等が多く含まれていることから,報告そのものの公表は行わない。     

http://www.mofa.go.jp/mofaj/kinkyu/20/H992012122117445501A/

=========================================

続きをよむ>>

burogumura.gif blogranking.gif e_02.gif
お気に召した方はクリック。励みになります。
.posted by staff at 20:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月30日

イマジンイラクコンテンポラリー 第五夜 のお知らせ

------------------------------------

■□ Imagine IRAQ Contemporary
 
―同時代の想像力を検証する学習会―
 
    ★★★ 第五夜 ★★★
 
      プロトタイプ・ゼロ

  ― 木崎ひろすけ と イラク戦争 ―
 

             進行:S. M./T. M.

日時: 2012年12月8日(土)
18:00開場 18:30-21:00

 

場所:京都二条 カフェ パラン
(JR嵯峨野線・地下鉄東西線「二条」駅 徒歩2分)
http://s.tabelog.com/kyoto/A2602/A260203/26015696/

参加費:ワンドリンク
 

主催:イマジンイラク実行委員会
 
共催:フレンズ オブ マーシー・ハンズ、JIM-NETボランティアチーム☆なら☆
 
連絡先:imagine_iraq@yahoo.co.jp



---------------------------
FEATURING AUTHOR
木崎ひろすけ(きざき・ひろすけ)
1965年9月28日愛知県生れ。漫画家。
1996年『GOD−GUN世郎』全1巻
1997年『少女・ネム』全1巻
2001年『A・LI・CE』全1巻
2001年3月28日急性心不全により逝去。

続きをよむ>>

burogumura.gif blogranking.gif e_02.gif
お気に召した方はクリック。励みになります。
.posted by staff at 15:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | ご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月14日

イマジンイラクコンテンポラリー 第四夜 のお知らせ

(ここから転載開始)
------------------------------------
■□ Imagine IRAQ Contemporary
―同時代の想像力を検証する学習会―
    ★★★ 第四夜 ★★★

    <あなた>とシャカイ
  ― 石田徹也とイラク戦争 ―

進行:S. Maeno/T. Mizuno
日時: 2012年9月22日(土)18:00開場 18:30-20:30
場所:京都二条 カフェ パラン
(JR嵯峨野線・地下鉄東西線「二条」駅 徒歩2分)
http://s.tabelog.com/kyoto/A2602/A260203/26015696/
参加費:ワンドリンク

主催:イマジンイラク実行委員会
共催:フレンズ・オブ・マーシーハンズ、JIM-NET☆なら☆
---------
FEATURED AUTHOR
石田徹也(いしだ・てつや)
1973年6月16日静岡県焼津市生れ。
武蔵野美大卒。画家。
2005年5月25日東京都町田市にて踏切事故で死去。
--------
続きをよむ>>

burogumura.gif blogranking.gif e_02.gif
お気に召した方はクリック。励みになります。
.posted by staff at 23:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | ご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月31日

Genocide Organ − 伊藤計劃とインダストリアル・ロック

 伊藤計劃の作品は、SFらしく、科学的論理性とガジェット(装置)が目を引きます。
しかし、作品の背景には古典から現代にいたる 文学、詩、映画、演劇、絵画、といった
様々な意匠からさりげなく引用や紹介がされていることに気が付くでしょう。

 たとえば、絵画については、『虐殺器官』ではジャクソン・ポロック、『ハーモニー』ではマーク・ロスコ―が、それぞれ物語の基層を為すイメージとして取り込まれていたりするのですが、音楽の面で『虐殺器官』というタイトルで思い出したのが、Genocide Organ というドイツのインダストリアル・ロック・バンドです。続きをよむ>>

burogumura.gif blogranking.gif e_02.gif
お気に召した方はクリック。励みになります。
.posted by staff at 21:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 伊藤計画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。