2013年05月15日

イマジンイラク・コンテンポラリー 第八夜  『壊滅の序曲』を奏でた男  −ルイス・リビーとイラク戦争−

第八夜チラシee.jpg
イラク戦争と同時代の想像力を検証する学習会『イマジンイラク・コンテンポラリー』第8夜(5.18@二条カフェパラン)のご案内を送ります。

 今回は、イラク戦争開戦に至る政策遂行のプロセスを辿り、この戦争がどのような想像力のもとに行われたかを検証します。
 

 推奨資料のうち、映画(DVD):ダグ・リーマン監督、ナオ ミ・ワッツ主演『フェア・ゲーム』(ポニーキャニオン・2010・米)は、「プレイム事件」を扱った作品です。

 
 プレイム事件とは、イラク戦争の開戦理由をめぐるスキャンダルで、ブッシュ政権に批判的なウィルソン元外交官の妻(バレリー・プレイム)がCIA秘密工作員であるという国家機密が政権中枢からマスコミにリークされ、情報源としてルイス・リビーが訴追された事件です。
日本ではあまり関心を呼びませんでしたが、アメリカでは政権を揺るがす大事件として連日報道され、右腕の首席補佐官を奪われたチェイニー副大統領は事実上、失脚しました。

 
 イラク戦争を強硬に推し進めた「ネオコン」と言われる面々は、アメリカの世界覇権と、イスラエルの中東覇権を最優先する政治勢力として、911以後、世界を乗っ取った感すらありましたが、この事件をきっかけに政権中枢から締め出され、オバマ政権が誕生します。
 

 しかし、イラク戦争が切り開いた流れ・・・軍事研究から生まれた様々な新技術(インターネット、GPS、セキュリティーカメラ、無人飛行機etc. )によるセキュリティー社会/超情報社会化の流れ・・・は、オバマ政権のもとで一層加速され、多くの人々はそれに疑問を差し挟むこともありません。
このような「戦争経済」が続く限りにおいて、イラク戦争は終わってなどいません。

イラクで起きたこと・・・この世界のカタストロフ・・・は特別なことでは決してなく、必ず他の地域でも引き起こされ、現に起きています。
 

 「イマジンイラク・コンテンポラリー」では、イラク戦争を「同時代の戦争」として多角的に検証し、破綻し果てた想像力の軌跡から、「世の中を良くする」に必要な想像力・・・ことば・・・を鍛えていきます。
 
 

 以下、案内です―――

-------------------------------------------------------------------------------
□■□■□ Imagine IRAQ Contemporary □■□■□
―同時代の想像力を検証する学習会―
★★★ 第八夜 ★★★

 『壊滅の序曲』を奏でた男
― ルイス・リビーとイラク戦争 ― 
----------------------------------------------------

進行:S. Maeno(フレンズ オブ マーシー・ハンズ)/T. Mizuno(イマジンイラク実行委員会)
日時: 2013年5月18日(土)18:00開場 18:30-20:30 
場所:京都二条 カフェ パラン  
http://s.tabelog.com/kyoto/A2602/A260203/26015696/
(JR嵯峨野線・地下鉄東西線「二条」駅 徒歩2分)
 
参加費:ワンドリンク
主催:イマジンイラク実行委員会
共催:フレンズ オブ マーシー・ハンズ、JIM-NETボランティアチーム☆なら☆
 
連絡先:imagine_iraq@yahoo.co.jp
  ----------------------------------------------------

――― 歴史は、それが変わる局面において、どうということのない人間に運命を委ねることがある。 [川上徹『査問』] ―――
 
 イラク戦争―アメリカの軍隊がイスラム圏の主権国家を打倒し長期占領するという事態―それは、世界がそれ以前の世界との画期を分かった世界史的な事件として、受け止められなければなりません。
今回のイマジン・イラク・コンテンポラリーでは、いよいよ、この戦争を生み出した想像力に迫ります。
 続きをよむ>>

burogumura.gif blogranking.gif e_02.gif
お気に召した方はクリック。励みになります。
.posted by staff at 20:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月21日

外務省:「対イラク武力行使に関する我が国の対応(検証結果)」プレスリリース

12月21日付で外務省がイラク戦争開戦の経緯を検証した報告書が出たとのことで、
報道と併せて、下記に内容とリンク先を掲載しておきます。
日本政府がイラク戦争から10年を経て出した結論は、歴史の名において厳粛に受け止める必要があるでしょう。
 

=========================================


対イラク武力行使に関する我が国の対応(検証結果)

 

平成24年12月21日

 
今般,外務省において,2003年のイラク戦争に関する我が国の対応について検証を行った。具体的には,2011年8月末に松本剛明外務大臣(当時)の指示を受け,外務省内で作業を開始し,2002年初めから2003年3月の米英等による対イラク武力行使に至るまでの外務省内における検討や意思決定過程を検証した。

この検証作業は,日本政府が米英等の武力行使を支持したことの是非自体について検証の対象とするものではなく
,結果的にイラクに大量破壊兵器が発見されなかった現実がある中で,改めてこの期間の政策決定過程を検証し,もって教訓を学び,今後の政策立案・実施に役立てるとの観点から行った ものである。なお,イラク戦争については,米国,英国,オランダ等いくつかの国において,既に検証が行われている。

作業方法としては,外務省内から,当時の公電,調書等の多数の関連書類を集め,これらの文書を基礎に,一連の事実関係,情報収集及び分析,政策判断過程,情報発信及び広報作業等を調査し,これらの妥当性等についての検討を行った。また,文書から得られる情報を補完し,より正確な事実関係を把握するため,当時の省内関係者へのインタビューを実施した。

これらの作業を経て,今般,玄葉光一郎外務大臣に報告が行われた。本件報告は,以上のように今後の政策立案・実施に役立てるとの観点からなされたものであり,今後の教訓等として報告で指摘された主なポイントは,別添のとおりである。ただし,報告の中には,関係国政府とのやり取り等,そのまま公開した場合には各国との信頼関係を損なうおそれの高い情報等が多く含まれていることから,報告そのものの公表は行わない。     

http://www.mofa.go.jp/mofaj/kinkyu/20/H992012122117445501A/

=========================================

続きをよむ>>

burogumura.gif blogranking.gif e_02.gif
お気に召した方はクリック。励みになります。
.posted by staff at 20:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月01日

第一夜〜『虐殺器官』とイラク戦争〜(4/21)【イベント告知】

イマジンイラク 第二期 第一夜は、
4月21日(土)18:00〜21:00 
京都市 二条駅前(千本御池上ル東側)の
「カフェ パラン」で行います。


    ■  Imagine Iraq Contemporary  ■

            第一夜 

    〜 伊藤計劃『虐殺器官』 と イラク戦争 〜

  語り手:T.M. (イマジンイラク実行委員会)
  聞き手:S.M. (フレンズ・オブ・マーシーハンズ)

 日時:2012年4月21日(土)18:00〜21:00(18:30より開演)

 場所:「カフェ パラン」(JR二条駅東口(千本通り東側)2分)
 TEL: 075−496−4843

 参加費:ワンドリンク
 
 主催:イマジンイラク実行委員会
 共催:フレンズ・オブ・マーシーハンズ、JIM-NET☆なら☆
 連絡先:imagine_iraq@yahoo.co.jp

 
 
 

続きをよむ>>

burogumura.gif blogranking.gif e_02.gif
お気に召した方はクリック。励みになります。
.posted by staff at 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月10日

イマジンイラク 第二期 のお知らせ

写真展イマジンイラク 第二期 展開 にあたって

-------- Imagine Iraq Contemporary --------

イマジンイラク実行委員会は、このたび2012年3月20日より、
実行委結成の本旨である「イラクと日本をめぐる想像力」に立ち還り、
第二期(Imagine Iraq Contemporary)を展開します。


私たちは、だれかのプライベートな「物語」を通して初めて、
理解するというのでもなく、知るというのでもなく、そこに近づくことができる。

平和だったイラクの写真たちが照らし出す、日本とイラクの僅かな邂逅の日々・・・
そのころ、写真を撮っただれか--よしはらさん--は、
今日の日本とイラクのありようを想像しえたであろうか。

「未来において回帰すべきもの」とは、どのように掴みとられるものなのか。
それは、単なる戦争以前の過去への追慕や憧憬では決して無く、
私たち自身が、あの当時、幼いながらに思い描いた未来とは、
はたして「こんなもの」だったかと、何度も何度も問いかけ直すところから、
始まるのではないか。

そのとき、私たち「日本に住む者」と「イラクに住む者」との間に、
さしたる違いは無いように、私には思えるのである。


この文章は、私が写真展イマジンイラク第一期(Imagine Iraq 70's)を開催する際に、
同志たる協力者たちに送った檄文です。

第一期は、「黒姫のよしはら」という人物のプライベートな写真に
収められた「70年代のイラク」を通じて、イラクと日本の「未来の記憶」をみんなで等しく
共有することを念頭に、2009年3月20日より開始、2011年3月20日に終止しました。

東北関東大震災と福島第一原発事故によって、
私たちは、私たちの拠って立つ場所が、極めて不安定な基盤の上に成り立っていることを
改めて強く思い知らされ、私たちが共有すべき「未来の記憶」に向けた想像力は、
より厳しく問い直されることになりました。

私たちは、自らに何度も何度も問いかけ直さなければならない。
私たちに残された時間は、もうそれほど無いのだから・・。

第二期では、これまで重視してきた写真展だけでなく、
ありとあらゆるメディアと分野にわたって、イラクと日本をめぐる
「同時代の想像力」に注目し、それに題材を得た学習会を行います。

第一回目の企画は、イラク戦争に集約的に象徴された国際社会ヒエラルキーと、
進化するテクノロジーのもとで戦争から「当事者性」が取り上げられることの意味を、
その今日的な意義を含めて問います。

四月末をメドに、京都市内で行います。

burogumura.gif blogranking.gif e_02.gif
お気に召した方はクリック。励みになります。
.posted by staff at 01:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月09日

2・6原文次郎さんトークの報告

2月6日の夜7:00〜9:00まで、
one village one earth でJVCイラク担当の原文次郎さんを交えて勉強会を開きました。
DSC00148re.jpg

<左・原文次郎氏>

原さんには、ご自身がイラク支援ボランティアを始めることになったきっかけから話をしていただきました。


続きをよむ>>

burogumura.gif blogranking.gif e_02.gif
お気に召した方はクリック。励みになります。
.posted by staff at 21:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。