2013年08月22日

【9/7 @カフェパラン】- 剣持一巳とイラク戦争(1/2)- 情報という名の司祭群 イマジンイラク・コンテンポラリー 第九夜

 イラク戦争と同時代の想像力を検証する学習会。コンテンポラリー 第9夜を開催します。
 タイトルの「情報という名の司祭群」は、剣持一巳が1972年1月の朝日ジャーナルに掲載した記事のタイトルです。副題は「個を否定する国民総背番号制」。剣持さんの徹底して理詰めで、ユートピア幻想の無い未来の展望は、個人の監視と管理が徹底して行き届いた現代でこそ理解できるでしょう。70年代、イラク共和国は、国民生活の向上のためインフラ整備に力を入れていました。そこは、たしかに平和な時代ではありましたが、その反面、最新兵器を急ピッチで導入していた時代でもありました。その果てに何が待っているかは、技術者だけが知っていました。

 ・・・私たちに先だって必要なものは、改革幻想やブルー・プリントであってはなりません。ただひたすら、死者たちの嘆きによって貫かれる諦め悪い人間として、資本と軍が強要する「記憶の改変」を受け入れないことです。
 
-------------------------------------------------------------------------------
□■□■□ Imagine IRAQ Contemporary □■□■□
―同時代の想像力を検証する学習会―
★★★ 第九夜 ★★★

 情報という名の司祭群
― 剣持一巳とイラク戦争 (1/2)― 
----------------------------------------------------

進行:S. M.(フレンズ オブ マーシー・ハンズ)/T. M.(イマジンイラク実行委員会)
日時: 2013年9月7日(土)18:00開場 18:30-20:30 
場所:京都二条 カフェ パラン  
http://s.tabelog.com/kyoto/A2602/A260203/26015696/
(JR嵯峨野線・地下鉄東西線「二条」駅 徒歩2分)
 
参加費:ワンドリンク
主催:イマジンイラク実行委員会
共催:フレンズ オブ マーシー・ハンズ、JIM-NETボランティアチーム☆なら☆
 
連絡先:imagine_iraq@yahoo.co.jp
  ----------------------------------------------------
 

続きをよむ>>

burogumura.gif blogranking.gif e_02.gif
お気に召した方はクリック。励みになります。
.posted by staff at 23:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 伊藤計画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月07日

【学習会・3月19日@京都】イマジンイラク・コンテンポラリー 第七夜  追悼・計画忌  −Decade of IRAQ WAR−


第七夜チラシ3.jpg
 さて、こんどの3月19日で、イラク戦争開戦から10年を迎えます。
 イマジンイラク実行委員会は、この日にちなみ、イラクを忘れないため、2009年3月20日に34歳で逝去した日本の作家・伊藤計劃を追悼する自主企画を行います。今回は、主として伊藤計劃の描いた想像世界がイラク戦争と同時代の作家たちにどう評されたか、伊藤計劃がイラクへの想像力をどのように行使し、その先に何を描こうとしていたかに注目します。

□■□ Imagine IRAQ Contemporary ■□■□
―同時代の想像力を検証する学習会―

★★★ 第七夜 ★★★

追悼・ 計 画 忌

― Decade of IRAQ WAR ―
 

 いまから四年前――2009年3月20日――世を去った、あるひとりの人について、僕は話をしたい。アフガニスタン戦争・イラク戦争とその後の世界――理想をうち捨て、なりふり構わぬ「経済至上主義」になだれ込む「自覚無き転向者たち」の時代――彼はそれらをひとまとめに刺す言葉を世に送り出した。その言葉は初めは誰にも気付かれぬように、やがて、世界中の待ち焦がれる若者たちに埋火のように浸み込んでいった。あれから四年、この世界にはいろいろなことがあったけれど、彼が描いた黙示録は、僕に「そのすべて」を見ていないことを教える。そして、彼が夢見た“Project”の完成のカギが、まがい物でない平和のカギが、君にあると告げる。まだ彼を知らない君に。3月19日、伊藤計劃を弔おう。(T)

          ----------------------------------------------------

日時: 2013年3月19日(火)  18:30-21:00  
場所:京都二条 カフェ パラン
http://s.tabelog.com/kyoto/A2602/A260203/26015696/
(JR嵯峨野線・地下鉄東西線「二条」駅 徒歩2分)
 
参加費:ワンドリンク
 
進行:S. Maeno(フレンズ オブ マーシー・ハンズ)/T. Mizuno(イマジンイラク実行委員会)

主催:イマジンイラク実行委員会
共催:フレンズ オブ マーシー・ハンズ、JIM-NETボランティアチーム☆なら☆
 
          ----------------------------------------------------

続きをよむ>>

burogumura.gif blogranking.gif e_02.gif
お気に召した方はクリック。励みになります。
.posted by staff at 20:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 伊藤計画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月31日

Genocide Organ − 伊藤計劃とインダストリアル・ロック

 伊藤計劃の作品は、SFらしく、科学的論理性とガジェット(装置)が目を引きます。
しかし、作品の背景には古典から現代にいたる 文学、詩、映画、演劇、絵画、といった
様々な意匠からさりげなく引用や紹介がされていることに気が付くでしょう。

 たとえば、絵画については、『虐殺器官』ではジャクソン・ポロック、『ハーモニー』ではマーク・ロスコ―が、それぞれ物語の基層を為すイメージとして取り込まれていたりするのですが、音楽の面で『虐殺器官』というタイトルで思い出したのが、Genocide Organ というドイツのインダストリアル・ロック・バンドです。続きをよむ>>

burogumura.gif blogranking.gif e_02.gif
お気に召した方はクリック。励みになります。
.posted by staff at 21:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 伊藤計画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。