Iraq_new0075_3.jpg
バスラ(南イラク)の街角で。フィルムの中に三十年を眠っていたイラクの子どもたち・・・。そして今日、もっとも困難な時代を生きることを余儀なくされた者たちだ。彼、彼女らの表情は、今どんなだろうか---- 1977年

2010年03月13日

写真展 イマジンイラク @ Heaven's Cafe 大阪・十三

Go! Go! イマジンイラクは、どんどん突っ走ります。

今回は、14点を、大阪は淀川区十三東のカフェ、
"Heaven's Cafe"で展示します。20日まで。

●●●●●●●●●●● 転送転載歓迎 ●●●●●●●●●


 ★写真展★ イマジンイラク
@ Heaven's Cafe 大阪・十三


     〜吾が心のイラク〜

   とき:2010年3月13-20日

   ところ: Heaven's Cafe/ヘブンズカフェ
    大阪市淀川区十三東2-2-1
    (阪急電鉄十三駅東出口より商店街を抜けて、
     淀川通りを西中島南方方面へ。駅から徒歩6 分程度。)
juso_potluck20100320_chizu.JPG

営業時間 10:00-22:00
 TEL 06-6309-7527
http://blog.livedoor.jp/heaven_s_cafe_hp/

主催+問い合わせ:イマジンイラク実行委員会 imagine_iraq@yahoo.co.jp

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●


ここは、去年のクリスマス前に、「十三ポットラック」を開いた会場で、地域活性はみんなの集うカフェから!というわけで、芸術家に理解のあるお店でもあります。

heavenscafe.jpg

3月20日には、京都市立芸大の有志のみなさんによる「十三ポットラック vol. 2」が開催されます。イマジンイラクからもスペシャル・ゲストを呼べたら〜と思っています。

juso_potluck20100320.JPG

そういえば、開戦前後のバグダードでも、カフェで議論したり、音楽を奏でたりといった光景が見られたこともありました。皆が集い、何かについて思いを巡らせる場所・・・私たちはそういう場所を必要としているのかもしれません。そこから、私たちは、拙いながらも「私たちの文化」というものを、手探りで攫み取り、捻り出していかなくてはなりません。
来週は、悪夢のカウントダウン、イラク戦争開戦日3月20日を迎えます。私の知るある人(研究者)は、その日、イラクの隣国で「これからあの人たちが殺されるんだ」という予感に怯え、自身の無力感に苛まれて涙が止まらず、もうこんな仕事は辞めようと思ったと言います。

あの日から七年、イラクは破壊と混乱の只中に置かれました。アメリカ大統領が交代してアフガニスタン・パキスタンにその照準を移しかえると、もはや世界の関心もイラクから遠のいてしまったかのようです。否、否、世界の関心は、とうの昔にイラクから遠のいていました。すでに、三十年以上も前に・・・。

振り返ってみれば、イラクはこの三十年、現代戦争技術の実験場としてありました。アメリカで、このほど「ハート・ロッカー」というイラク戦争(占領)の映画がアカデミー賞を授与されました。米軍爆弾処理班に題材を取った社会派エンターテイメントです。そこで描かれるイラクも、またひとつの姿です。

でも私は思うのです。イラクは始めからそのような場所では無かったし、今もそのような場所でありたくはない、・・・そのことを忘れてほしくない、と。そして、「そのような場所ではなかったイラク」を知っている日本人が少なからずいたということ、彼らが各々の人生の中で「吾が心のイラク」を思い続けていることを、どうか覚えていてください。

かつて1970年代、イラクは輝いていました。そして、私たちの国・日本もまた、多くの可能性を手にしていました。あの日、手を携えた二人の若者が、また再会することはあるでしょうか。その物語を書けるのは・・・

burogumura.gif blogranking.gif e_02.gif
お気に召した方はクリック。励みになります。
.posted by staff at 01:54 | 写真展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。