Iraq_new0075_3.jpg
バスラ(南イラク)の街角で。フィルムの中に三十年を眠っていたイラクの子どもたち・・・。そして今日、もっとも困難な時代を生きることを余儀なくされた者たちだ。彼、彼女らの表情は、今どんなだろうか---- 1977年

2010年02月25日

ついに瀬戸内海を越える・・・ 写真展 イマジン イラク@高知 のお知らせ

紹介が遅れましたが、
3月2日〜7日にかけて、なんと、高知でイマジンイラク巡回展を
開催ていただけることになりました。
主催者のアムネスティ・インターナショナル高知グループの皆様はじめ、各共催団体の皆様に、厚く御礼を申し上げます。
下記、案内です。

●○●○●○●○転送転載歓迎●○●○●○●○

●タイトル
   写真展 イマジン イラク 
     〜1970年代 平和だったイラクが今に蘇る!〜
     
●場所 
   高知市民図書館 1階ロビー
    (高知市本町5−1−30)

●期間
   2010年3月2日〜7日(9時30分〜19時)
●主催者名
   ・アムネスティ・インターナショナル高知グループ
   ・平和な未来を考える高知の会
  (共催;・高知県平和委員会 ・高知県平和委員会)
    問い合わせ先;平和資料館 草の家
           {高知市升形9−11 電話088-875-1275)

●メッセージ
1977年から1980年までエンジニアとしてイラクに滞在されていた
  吉原茂さんによる、30年前の平和だったころのイラクの写真を
  中心に展示します。イラクの人々がだれに何を奪われたのかを
  一緒に考えましょう。期間中、イラクからの帰還米兵たちの記録
  映画『冬の兵士 良心の告発』を上映します。イラク戦争の実態を
  知り、私たちにできることを考えませんか。

●○●○●○●○転送転載ここまで●○●○●○●○


burogumura.gif blogranking.gif e_02.gif
お気に召した方はクリック。励みになります。
.posted by staff at 02:50 | 写真展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。