Iraq_new0075_3.jpg
バスラ(南イラク)の街角で。フィルムの中に三十年を眠っていたイラクの子どもたち・・・。そして今日、もっとも困難な時代を生きることを余儀なくされた者たちだ。彼、彼女らの表情は、今どんなだろうか---- 1977年

2013年08月22日

【9/7 @カフェパラン】- 剣持一巳とイラク戦争(1/2)- 情報という名の司祭群 イマジンイラク・コンテンポラリー 第九夜

 イラク戦争と同時代の想像力を検証する学習会。コンテンポラリー 第9夜を開催します。
 タイトルの「情報という名の司祭群」は、剣持一巳が1972年1月の朝日ジャーナルに掲載した記事のタイトルです。副題は「個を否定する国民総背番号制」。剣持さんの徹底して理詰めで、ユートピア幻想の無い未来の展望は、個人の監視と管理が徹底して行き届いた現代でこそ理解できるでしょう。70年代、イラク共和国は、国民生活の向上のためインフラ整備に力を入れていました。そこは、たしかに平和な時代ではありましたが、その反面、最新兵器を急ピッチで導入していた時代でもありました。その果てに何が待っているかは、技術者だけが知っていました。

 ・・・私たちに先だって必要なものは、改革幻想やブルー・プリントであってはなりません。ただひたすら、死者たちの嘆きによって貫かれる諦め悪い人間として、資本と軍が強要する「記憶の改変」を受け入れないことです。
 
-------------------------------------------------------------------------------
□■□■□ Imagine IRAQ Contemporary □■□■□
―同時代の想像力を検証する学習会―
★★★ 第九夜 ★★★

 情報という名の司祭群
― 剣持一巳とイラク戦争 (1/2)― 
----------------------------------------------------

進行:S. M.(フレンズ オブ マーシー・ハンズ)/T. M.(イマジンイラク実行委員会)
日時: 2013年9月7日(土)18:00開場 18:30-20:30 
場所:京都二条 カフェ パラン  
http://s.tabelog.com/kyoto/A2602/A260203/26015696/
(JR嵯峨野線・地下鉄東西線「二条」駅 徒歩2分)
 
参加費:ワンドリンク
主催:イマジンイラク実行委員会
共催:フレンズ オブ マーシー・ハンズ、JIM-NETボランティアチーム☆なら☆
 
連絡先:imagine_iraq@yahoo.co.jp
  ----------------------------------------------------
 

続きをよむ>>

burogumura.gif blogranking.gif e_02.gif
お気に召した方はクリック。励みになります。
.posted by staff at 23:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 伊藤計画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月15日

イマジンイラク・コンテンポラリー 第八夜  『壊滅の序曲』を奏でた男  −ルイス・リビーとイラク戦争−

第八夜チラシee.jpg
イラク戦争と同時代の想像力を検証する学習会『イマジンイラク・コンテンポラリー』第8夜(5.18@二条カフェパラン)のご案内を送ります。

 今回は、イラク戦争開戦に至る政策遂行のプロセスを辿り、この戦争がどのような想像力のもとに行われたかを検証します。
 

 推奨資料のうち、映画(DVD):ダグ・リーマン監督、ナオ ミ・ワッツ主演『フェア・ゲーム』(ポニーキャニオン・2010・米)は、「プレイム事件」を扱った作品です。

 
 プレイム事件とは、イラク戦争の開戦理由をめぐるスキャンダルで、ブッシュ政権に批判的なウィルソン元外交官の妻(バレリー・プレイム)がCIA秘密工作員であるという国家機密が政権中枢からマスコミにリークされ、情報源としてルイス・リビーが訴追された事件です。
日本ではあまり関心を呼びませんでしたが、アメリカでは政権を揺るがす大事件として連日報道され、右腕の首席補佐官を奪われたチェイニー副大統領は事実上、失脚しました。

 
 イラク戦争を強硬に推し進めた「ネオコン」と言われる面々は、アメリカの世界覇権と、イスラエルの中東覇権を最優先する政治勢力として、911以後、世界を乗っ取った感すらありましたが、この事件をきっかけに政権中枢から締め出され、オバマ政権が誕生します。
 

 しかし、イラク戦争が切り開いた流れ・・・軍事研究から生まれた様々な新技術(インターネット、GPS、セキュリティーカメラ、無人飛行機etc. )によるセキュリティー社会/超情報社会化の流れ・・・は、オバマ政権のもとで一層加速され、多くの人々はそれに疑問を差し挟むこともありません。
このような「戦争経済」が続く限りにおいて、イラク戦争は終わってなどいません。

イラクで起きたこと・・・この世界のカタストロフ・・・は特別なことでは決してなく、必ず他の地域でも引き起こされ、現に起きています。
 

 「イマジンイラク・コンテンポラリー」では、イラク戦争を「同時代の戦争」として多角的に検証し、破綻し果てた想像力の軌跡から、「世の中を良くする」に必要な想像力・・・ことば・・・を鍛えていきます。
 
 

 以下、案内です―――

-------------------------------------------------------------------------------
□■□■□ Imagine IRAQ Contemporary □■□■□
―同時代の想像力を検証する学習会―
★★★ 第八夜 ★★★

 『壊滅の序曲』を奏でた男
― ルイス・リビーとイラク戦争 ― 
----------------------------------------------------

進行:S. Maeno(フレンズ オブ マーシー・ハンズ)/T. Mizuno(イマジンイラク実行委員会)
日時: 2013年5月18日(土)18:00開場 18:30-20:30 
場所:京都二条 カフェ パラン  
http://s.tabelog.com/kyoto/A2602/A260203/26015696/
(JR嵯峨野線・地下鉄東西線「二条」駅 徒歩2分)
 
参加費:ワンドリンク
主催:イマジンイラク実行委員会
共催:フレンズ オブ マーシー・ハンズ、JIM-NETボランティアチーム☆なら☆
 
連絡先:imagine_iraq@yahoo.co.jp
  ----------------------------------------------------

――― 歴史は、それが変わる局面において、どうということのない人間に運命を委ねることがある。 [川上徹『査問』] ―――
 
 イラク戦争―アメリカの軍隊がイスラム圏の主権国家を打倒し長期占領するという事態―それは、世界がそれ以前の世界との画期を分かった世界史的な事件として、受け止められなければなりません。
今回のイマジン・イラク・コンテンポラリーでは、いよいよ、この戦争を生み出した想像力に迫ります。
 続きをよむ>>

burogumura.gif blogranking.gif e_02.gif
お気に召した方はクリック。励みになります。
.posted by staff at 20:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月07日

【学習会・3月19日@京都】イマジンイラク・コンテンポラリー 第七夜  追悼・計画忌  −Decade of IRAQ WAR−


第七夜チラシ3.jpg
 さて、こんどの3月19日で、イラク戦争開戦から10年を迎えます。
 イマジンイラク実行委員会は、この日にちなみ、イラクを忘れないため、2009年3月20日に34歳で逝去した日本の作家・伊藤計劃を追悼する自主企画を行います。今回は、主として伊藤計劃の描いた想像世界がイラク戦争と同時代の作家たちにどう評されたか、伊藤計劃がイラクへの想像力をどのように行使し、その先に何を描こうとしていたかに注目します。

□■□ Imagine IRAQ Contemporary ■□■□
―同時代の想像力を検証する学習会―

★★★ 第七夜 ★★★

追悼・ 計 画 忌

― Decade of IRAQ WAR ―
 

 いまから四年前――2009年3月20日――世を去った、あるひとりの人について、僕は話をしたい。アフガニスタン戦争・イラク戦争とその後の世界――理想をうち捨て、なりふり構わぬ「経済至上主義」になだれ込む「自覚無き転向者たち」の時代――彼はそれらをひとまとめに刺す言葉を世に送り出した。その言葉は初めは誰にも気付かれぬように、やがて、世界中の待ち焦がれる若者たちに埋火のように浸み込んでいった。あれから四年、この世界にはいろいろなことがあったけれど、彼が描いた黙示録は、僕に「そのすべて」を見ていないことを教える。そして、彼が夢見た“Project”の完成のカギが、まがい物でない平和のカギが、君にあると告げる。まだ彼を知らない君に。3月19日、伊藤計劃を弔おう。(T)

          ----------------------------------------------------

日時: 2013年3月19日(火)  18:30-21:00  
場所:京都二条 カフェ パラン
http://s.tabelog.com/kyoto/A2602/A260203/26015696/
(JR嵯峨野線・地下鉄東西線「二条」駅 徒歩2分)
 
参加費:ワンドリンク
 
進行:S. Maeno(フレンズ オブ マーシー・ハンズ)/T. Mizuno(イマジンイラク実行委員会)

主催:イマジンイラク実行委員会
共催:フレンズ オブ マーシー・ハンズ、JIM-NETボランティアチーム☆なら☆
 
          ----------------------------------------------------

続きをよむ>>

burogumura.gif blogranking.gif e_02.gif
お気に召した方はクリック。励みになります。
.posted by staff at 20:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 伊藤計画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2/17- 3/17 写真展イマジンイラク+JIM-NET絵画展@玉造cafe magatama


7b87f96c99accda1173aafd02d87af04.jpg
写真展イマジンイラク+JIM-NET絵画展
~あの戦争から10年~
会期:
2/17-3/17

(営業時間:午前11時〜午後11時)
場所:玉造CAFE×DINNG magatama  
大阪市中央区玉造1丁目4-14
電話1(プッシュホン)06-6765-8911
 http://www.magatama.net/

主催:玉造CAFE×DINNG magatama  
イマジンイラク実行委員会、JIM-NETボランティアチーム☆NARA☆

カフェのギャラリースペースに写真を展示します。
イマジンイラクからは約20枚のパネルを出展しています。まとまった出展としては半年ぶりです。
会期が長いので、ぜひご覧になってください。


burogumura.gif blogranking.gif e_02.gif
お気に召した方はクリック。励みになります。
.posted by staff at 19:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 写真展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月01日

【学習会のお知らせ】2月9日18:00- イマジンイラク・コンテンポラリー第六夜 黙示の時代に −須原一秀とイラク戦争−

「私たちにとってイラク戦争とは何だったか」 ――― 同時代の想像力を問う、イマジンイラク実行委員会・自主企画の案内です。
  
 今回、取り上げるのは、ユニークな社会批評を行っていた、日本の哲学者・須原一秀です。
 長年、京都市内の大学講師として教鞭を取ってきた彼は、2006年4月、心身ともに健康なまま、なんの前触れもなく、65歳で自死を遂げます。その死に方は、地元の警察が疑義を抱いたとさえ言われるほどに凄絶で、まったく動機が不可解なものでした。死後、「積極的な死の受容/消極的な死の受容」と題した、彼独自の論理が書かれた遺稿が発見されます。そこには、彼の学問を通じた同時代に対する実も蓋もない底抜けに明るい失望が、彼自身の人生を呑み込んだ様がくっきりと描かれていました。―― 
  
2003年3月20日、私たちはこの世界に失望しました。いまや、失望はこの世界で生きるための基本仕様(デフォルト)だとまで言うと、言いすぎでしょうか。しかし、我々は安易に失望してはなりますまい。「失望」の中身をはっきりさせておくこと。それが、十周忌を迎えるこの世界に臨むための、私たちの態度です。

 
イマジンイラク・コンテンポラリー学習会を2月9日に開催します。
以下、案内です。
------------------------------------
■□ Imagine IRAQ Contemporary

―同時代の想像力を検証する学習会―



    ★★★ 第六夜 ★★★
 
       黙示の時代に

  ― 須原一秀 と イラク戦争 ― 

進行:S. Maeno/T. Mizuno
日時: 2013年2月9日(土)18:00開場 18:30-20:30  

場所:京都二条 カフェ パラン
(JR嵯峨野線・地下鉄東西線「二条」駅 徒歩2分)
http://s.tabelog.com/kyoto/A2602/A260203/26015696/

参加費:ワンドリンク
 
主催:イマジンイラク実行委員会
 
共催:フレンズ オブ マーシー・ハンズ、JIM-NETボランティアチーム☆なら☆
 
連絡先:imagine_iraq@yahoo.co.jp
 

続きをよむ>>

burogumura.gif blogranking.gif e_02.gif
お気に召した方はクリック。励みになります。
.posted by staff at 22:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | ご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。